Pinot Noir

ピノ・ノワールPinot Noir)はフランスのブルゴーニュ地方を原産とする赤ワイン用の品種。

非常に古くから作られている品種で、2000年前から存在している可能性があるといわれる。世界的に栽培されている品種だが、もともとはおそらくギリシア人によってヨーロッパに持ち込まれたと考えられており、南フランスで優勢な品種との根本的な違いを示しています。フランス語の「ピノ」という用語は、おそらく松の円錐形(フランス語の「ピン」)に非常に似ているピノブドウの細長い形に由来している。

ピノ・ノワールが最初に文献に登場したのは、赤ワイン用のぶどうとしてで、1470年までさかのぼる。
ピノ・ノワールが個々の国で最初に言及または登場したとき、多くの場合は、異なる情報を持つ多くの情報源と変種があります。シャルル・マーニュ(742-814)に関連して9世紀に行われた発言は、伝説と見なされる必要がありますが、ブドウの品種が何であるかが不明であるため、完全に排除することはできない。とにかく、ピノ・ノワールは古典的なフランコニア品種の1つであり、フランク王国の時代にトラミナーと一緒に配布された可能性がある。信頼できる記録は、フランスの1283年(モレヨン)と1375年(ピノヴェルメイユ)、ドイツの1470年(クレブロイト=クレブロス)、ラインガウのハッテンハイム、1766年(スイス)のスイス(Cortaillod)、18世紀のオーストリア、ハンガリー、イタリアである。

ピノ・ノワールのワインは、すみれ色のニュアンスを備えた濃いルビーレッドで、保存期間は長いが色の濃さは少ないビロードのようなフルボディの赤ワインとして一般的です。若いワインの場合、ワインの果実はブラックベリーを連想させるかもしれませんが、古いワインでは、繊細な苦味(苦いアーモンド)を持つナッツを連想させる。

このような古典的なタイプに加えて、今日のピノノワールワインは紫色のニュアンスを持つ強いルビーレッドを持っている。典型的なピノ・ノワールは、チェリー、ブラックベリー、イチゴ、プラム、ブラックカラントから、アーモンドやスミレのようなわずかに甘い花の香りがする。ピノノワールは、土壌タイプと微気候の違いに敏感であるため、特定のテロワールを組み込むのに特に適している。

フランスは、この品種の最大の耕地として、30,086 haのブドウ園面積を持っている(2010年現在)。 ブルゴーニュの中心部にあるコートドールでは、ピノ・ノワールが高品質のワインを生産する唯一の承認された赤ワインである。

ドイツでは、2015年に11,784ヘクタール(=ドイツのブドウ畑の11.5%)ものぶどう畑でピノ・ノワールが植えられた。


<ピノ・ノワールのオススメワイン>

タイトルとURLをコピーしました